1976年、デイヴ・ヴァニアン(ボーカル)、ブライアン・ジェイムス(ギター)、キャプテン・センシブル(ベース)、ラット・スキャビーズ(ドラムス)によりロンドンにて結成。セックス・ピストルズ、ザ・クラッシュとともにロンドン三大パンクバンドのひとつに数えられる。1976年10月22日に発売された1stシングル「New Rose」、そして1977年2月18日発売の1stアルバム「Damned Damned Damned」はともにロンドンパンク史上初のシングル、アルバムとなった。77年春にロンドンパンクバンドとして初めて大西洋を渡りアメリカツアーを敢行、このツアーをきっかけとしてアメリカ西海岸にてアメリカンパンク、そしてのちのアメリカン・ハードコアの嵐が吹き荒れた。ピンク・フロイドのニック・メイスンプロデュースによる77年11月発表の2ndアルバム「Music for Pleasure」発売直後にラットとブライアンが続けて離脱、78年4月にロンドンパンク史上初の解散となる。しかしキャプテンがギターにチェンジ、ベースにオーストラリアのバンド、セインツのメンバーだったアルジー・ワードを迎えてロンドンパンク史上初の再結成を果たし、79年に歴史的傑作の3rdアルバム「Machine Gun Etiquette」を発表した。ちなみにアルジー・ワードはダムドの後、モーターヘッドの弟分的な存在であったタンクを結成している。以後は複雑なメンバーチェンジを繰り返し、メンバー構成は今までで8つものパターンを数えながらも、パンクロックという枠に留まらない多様な音楽性を発揮し多くの傑作アルバムを残している。2016年、結成から40年を経た今もバリバリの現役バンドとして精力的に活動している。モーターヘッドのレミーが正真正銘のパンクバンドとして認めていた唯一のバンド。
NEAT NEAT NEAT 嵐のロックン・ロール
BORN TO KILL ボーン・トゥ・キル
FAN CLUB ファン・クラブ
1 OF THE 2 ワン・オブ・ザ・ツー
NEW ROSE ニュー・ローズ
SEE HER TONITE シー・ハー・トゥナイト
SMASH IT UP PT. 1 スマッシュ・イット・アップ(パート1)
SMASH IT UP スマッシュ・イット・アップ
ANTI-POPE アンチ・ホウプ
MACHINE GUN ETIQUETTE マシンガン・エチケット
LOVE SONG ラヴ・ソング
CURTAIN CALL カーテン・コール
1970 (I FEEL ALRIGHT) アイ・フィール・オールライト
WAIT FOR THE BLACKOUT ウェイト・フォー・ザ・ブラックアウト
HAPPY TALK ハッピー・トーク/ キャプテン・センシブル
ELOISE エロイーズ
GRIMLY FIENDISH グリムリー・フィエンディッシュ
IGNITE イグナイト
Photo by Wes Orshoski